海へ♪

自転車でおさんぽ行ってます

2020年06月


少しだけ晴れた土曜の朝に
ひさびさ熊野・新鹿の砂浜に
行って来ました。 ヾ(-"-)





P1100577_a
8:54 熊野市大泊
大泊にクルマをデポして出発
結構海は荒れていました

この日もこれまで同様、梅雨前線は
日本の南にあって
朝だけ晴れ予報の日でしたが…

新鹿の近辺だけ晴れていました☆







P1100583s_a
波多須(はだす)





P1100588s_a







P1100593_a
9:38 新鹿
坂の多い道を少し走って
砂浜に到着







P1100594p_4
特急・ワイドビュー南紀がちょうど *-(・"・。






P1100602
最近のペットボトルは
去年から少し変わって

 サンガリア まろやかいちご&ミルク
 > KIRIN LOVES SPORTS
 > SUNTORY GREEN DA・KA・RA

毎週これです。

キリンさんはレモン味で美味しいのですが
凍らせると開けた時にこぼれてしまうので
少し減らしてから冷凍しています。
初めから冷凍対応にしてクダサ~イ o("へ")o





P1100606






P1100613
ひさびさの青空 *-(・"・。






P1100645






P1100649p_s
梅雨の中休みでしたが
結構透明でした♡






P1100666
先週までのように曇っていると
写真がパッとしないですが
晴れてくると湿気も多いので
周りの空気もろとも
暑くなる感じでヘロヘロに (´ρ`);






11時過ぎにはデポ地に戻って
撤収しました。
帰りはいつものお風呂『夢古道の湯』
にも立ち寄りました。

この日の走行20キロほど。









梅雨の中休みだった土曜(6/20)に
初めて浜松城に行って来ました☆

前回の阿寺渓谷と同様
梅雨前線は南にあって、
本当は晴れ予報だったのですが
行ってみたら薄曇りでした。ヾ(-"-)






P1100538
10:16 佐鳴湖

この日は9:30ごろ
クルマを浜名湖大橋にデポしてスタート

いつもは浜名湖を廻る場所ですが
この日は東、浜松の街の方に向かいます

街中にけっこう大きな湖が
あったので一周してみました☆






P1100542_a
。・"・)-*






P1100543_a
雨上がりなので水滴が付いて
正しいあじさい写真になりました

庭にいらっしゃった持ち主のお姉さまと
話が出来ましたが、普通の紫でないので
『色が良いですね』と言ったら
どなたもそう言われるそうで

不思議な紅色でしたが
どんなあじさいを植えても
この色になるとも言われました

土や水で変わるんですかね☆






P1100552
一番北で折り返し






P1100553
東側は何本も道が並走
しています






P1100554
雨上がりなので
日陰に入るとひんやり






P1100560_4
。・"・)-†






P1100563_a
11:39 浜松城

築城年    永正年間(1504年 - 1520年)
正確には不明だそうです(模擬天守)







P1100569ps_a
今の天守はご覧の通り
天守台より少し小さいので(2/3程度)
本当はもっと大きかった様です

そう言えば伊賀上野城とかも
そんな感じでした

お城の周りの石垣はかなり
本物が残っています






P1100573
12:34
浜名湖湖畔も初めて
かなり奥まった所にある
『白山鼻』と言う出っ張りを
走りました
未舗装で水たまりがいっぱい

でもやっぱり
未舗装だと照り返しがなくて
少し涼しいです





13時過ぎにデポ地に戻りました
この日の走行42キロ
いつものお風呂「国民宿舎 奥浜名湖」
に入って帰りました







梅雨入り前の先週土曜日(6/6)
阿寺渓谷へ行って来ました。






P1100342_s
道の駅賤母にクルマをデポして
9:30ごろに出発。

先週は梅雨前線が南の海に居座っていて
この辺りのみ晴れ予報でしたが
行ってみると曇っていました。






P1100347
11:00 牛ヶ淵
曇っていたので一気に上流まで
登って来ました。
ここから渓谷の写真
少しだけUPします。





P1100355_s





P1100376_a






P1100379_s





P1100422_s





P1100408_s





P1100531_s
珍しい花が咲いていました。
この後14時ごろデポ地に戻って撤収。





今週以降は梅雨に入ってしまって
きれいな海が見れるのは
夏までお預けでしょうか..(´・ω・)







このページのトップヘ